0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑TOP
    0
      対人恐怖症の原因




      対人恐怖症の原因として、色々な説があります。

      例えば、持って生まれた性格(人や動物の性質を表わす言葉です)が原因だとか、育てられ方が原因となっているとか、過去のトラウマの影響なんてよくいわれますね。

      いずれにしても、対人恐怖症の方は理想と現実のギャップに苦しんでいるということが多いようです。

      自分はこういう風に振舞いたい、こんな風に周囲の人とコミュニケーションを取りたいと思っているのに、現実はそれとは程遠いので、人と接する事が怖くなってしまうのです。

      または、こう振舞うべき、こうあるべきという思い込みが強すぎるのかもしれません。

      人と接する上で、多少傷ついたり、行き違ってしまうことはよくあります。

      他の方が傷つかないような些細なことで深く傷ついて、人と接するのが怖くなってしまったのは、自意識過剰すぎるのでしょう。

      あなたの周りの人は、あなたが思っているほど、あなたのことを気にしていません。

      その人の振る舞いであなたが傷ついたことにすら気づいていないか、または、全く気にしていないのです。

      過去にひどく誰かにからかわれたり、イジメられたりしたことが原因で対人恐怖症になってしまう方もいます。

      でも、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を作った人は、そんな事を覚えてすらいないでしょう。

      それにあなたがこれから出会う全ての人が、その人達のようにあなたをからかったり、いじめたりするわけでもありません。

      上手に話せなかったり、コミュニケーションが取れ無かったとしても、全然気にする必要はないですよね。










      <PR>
      肩こりで疲れやすい?それならコレで肩こりを解消させよう!
      旦那と別れたい方へ!上手な離婚方法を教えています!

      続きを読む >>
      | 対人恐怖症を克服する! | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑TOP
      0
        対人恐怖症を克服する方法は?




        対人恐怖症を克服する方法としては、薬物療法、カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)、認知行動療法というのが一般的でしょう。

        中には、食事や生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)を改善することで、対人恐怖症の症状が改善したという方もいます。

        早寝早起きの規則正しい生活を送り、食事もなるべくレトルトやコンビニ食を避けることで、精神状態が大きく変化したのだとか。

        また、部屋の掃除をして、いらないものを全て捨てるというのも効果的だそうです。

        定期的に運動するというのも、有効な方法の一つです。

        対人恐怖症も重度になってしまうと、人目が怖くて外出もままならなくなってしまうのです。

        でも、そこまで重度でなければ、ウォーキングをしてみてはどうでしょうか?

        体をうごかすと、気分が前向きになり、意欲的になれるという研究結果も出ています。

        自宅から出られないのであれば、筋肉トレーニングをしたり、踏み台昇降やスクワットなど、とにかく体を動かすようにしてみましょう。

        家中を雑巾掛けするのも、いい運動になるのですよ。

        自力では対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)を克服できないと考えるなら、心理セラピストに頼るのも効果的だといわれています。

        インターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)で口コミなどを調べて、腕のいい心理セラピストを探してみて下さい。

        カウンセリングやセラピーは、相性が何よりも大切なので、自分に合っているなと感じるところを選ぶようにするのが肝心です。

        そして、合わないなと思ったら、躊躇なく変えましょう。

        最近では、メールのみでカウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)を受けられるサービスなどもありますから、自宅から一歩も出られないという人は試してみるといいかもしれません。











        続きを読む >>
        | 対人恐怖症を克服する! | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑TOP
        0
          対人恐怖症の症状について・・・




          対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)の症状としては、動悸、赤面、手の震え、言葉のつかえなどがあります。

          具体的な身体症状が出なくても、人と接するのが怖い、嫌だと感じるようなら、対人恐怖症ですね。

          相手は自分のことを不快に思っているのではないか、嫌っているのではないかと考えてしまうのが、対人恐怖症の人の特徴です。

          一般的には、対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)の人であっても、身近な人と接する際には症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を感じないことが多いようです。

          ただ、最近では、たとえ家族であっても、対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)の症状が出てしまうことがあるみたいです。

          人それぞれに症状の現れ方やその程度は様々で、摂食障害や不眠が起こることもありますし、人の目が気になって外出ができないというケースも多いことでしょう。

          対人恐怖症かもしれないと思ったら、早期に精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

          薬の服用やカウンセリングなどを受けることで、症状が軽くなることもあります。

          症状が軽くなれば、自信がついていき、少なくても日常の生活を送るのに支障がない程度にまで回復するだと言われているのです。

          対人恐怖症は放置すると、次第に症状が悪化していくことが多いものです。

          一人でずっとお悩みだったら、なかなか前向きに考えたり、解決策をみつけたりするのは難しいですよね。

          周囲の人に相談したり、心を開いたりするのが難しいためあれば、プロに頼るというのも賢い選択です。

          直接面と向かって相談するのに抵抗があるのなら、メール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)などでカウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)してくれるようなカウンセラーに相談してみると良いですよ。











          続きを読む >>
          | 対人恐怖症を克服する! | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑TOP
          SELECTED ENTRIES
          商品情報
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          PR
          \